ルコックのジャージ

フランス人にもっとも愛されてきたスポーツウエアブランドが「ルコック」です。伝統と革新に裏打ちされた自慢のジャージを、とっくり検分してみましょう。

サイトトップ > 国民的スポーツ“ツールドフランス”と歩んできた老舗

スポンサードリンク

ルコックのジャージ

国民的スポーツ“ツールドフランス”と歩んできた老舗


1882年にエミュール・カミュゼが創始した当初、「ルコックスポルティフ」は競技用のランニング製造会社でした。クオリティの高さは徐々に評判を呼び、1948年にはブランドマークに“鶏(フランス語でルコック)”を採用するまでに成長します。


なぜ鶏マークが成長のあかしかというと鶏=ルコックはフランスの国鳥であり、古代ガリア民族(フランス人の祖先)は戦旗に鶏を描いたほど歴史があり、神聖な生き物とされているからなのです。


鶏マークを冠した「ルコックスポルティフ」のスポーツウエアはさらにさまざまなスポーツシーンに浸透していき、1951年には世界最高峰の自転車レース、ツールドフランスにジャージが正式採用され一気に世界的メジャーブランドへ躍進します。


サイクリング用のジャージは、とりわけ雨や日焼け、汗に耐えうる耐久性が必要とされます。そのためカミュゼは50人からなる特別チームをつくって開発にあたったといわれます。試行錯誤のうえようやく完成したジャージは、大会後主催者や選手から絶賛されて大成功。その後も80年代後半まで「ルコックスポルティフ」はツールドフランスで採用される唯一のサプライヤーとして、スポーツウエア界トップの座を確立していったのです。


ルコックのジャージ

MENU



スポンサードリンク